2017-05-17

早速前回の続きで

『元カノと友達から抜け出すアプローチ方法』。

こちらの解説に入っていきます。

 

 

 

 

友達から抜け出す効果的なアプローチの一つに

【自己重要感を満たす】という方法があります。

 

 

 

 

 

自己重要感を満たすとは

「自分のことを価値ある存在だ」

と感じさせてあげることを指します。

 

 

 

 

 

人間だれしもが自分には価値があるのだと

思いたい欲求を無意識の中に持っているのですが

 

 

 

 

 

その欲求を満たさないとなると

「この人にとって自分は必要ない」

と捉えさせてしまい

 

 

 

 

 

それは関係を構築するのに

支障をきたす原因となります。

 

 

 

 

 

反対に自己重要感を満たす事により

「私がいないとこの人はダメなんだ」

と捉えさせることができ

ただの友達では無い関係が成立されていく要因となります。

 

 

 

 

 

では、具体的にどの様に

自己重要感を満たすアプローチをするのかですよね。

 

 

 

 

 

あなたと元カノの関係が、

好意を感じさせても問題が無い友達の関係であれば

「普段連絡不精で全然やり取り続かないけど

○○とだとめっちゃ面白いから止まんないよ」

 

 

 

 

 

「今日仕事でミスしちゃってマジヘコ出たんだけど

○○の笑顔見てたら 明日からも仕事頑張れそうだわ^^」

 

 

 

 

 

この様に「その女性であるからこそ」

という事を伝えます。

 

 

 

 

 

また元カノとの関係で

好意を感じさせるのは早いと言える友達関係なのであれば

 

 

 

 

 

女性の得意分野で頼る。

⇒「○○のおかげで何とかなったよ」と

お礼を伝える。

 

 

 

 

 

話しをいつも肯定的に聞く。

⇒「○○の話しは本当に納得できるよね。」と

価値を伝える。

 

 

 

 

 

この様に女性としてではなく

「人としての評価」を伝え

自己重要感を満たすように取り組んでください。

 

 

 

 

 

女性としての評価となるか

人としての評価となるかは

友達と一口に言っても

元カノとの間柄によって異なるものになりますが

 

 

 

 

 

『あなたにとって特別な人』という事を伝え

自己重要感を満たしていけば

 

 

 

 

 

「自分の欲求を満たしてくれる人」という事で

特別な存在になるのに繋がるので

その事を理解し取り組んでいきましょう。

 

 

 

 

 

異性として意識させるアプローチ方法

 

この段階は仮に現段階で告白したとすると

・会っていて楽しいんだけど・・・

・何でも相談できるんだけど・・・

・一緒にいて落ち着くんだけど・・・

この様なセリフを女性に言われてしまう段階ですね。

 

 

 

 

 

俗に言う良い人止まりだとか

友達以上恋人未満的な関係です。

 

 

 

 

 

好きな人を振り向かせるまで

後少しと一見近そうに感じるけど

実は意外と遠い関係です。

 

 

 

 

 

なぜなら、異性として見られていないという事は

全く恋愛対象として見てもらえていない段階の男

ですから。

 

 

 

 

 

非常に胸をえぐる様な

真実をお伝えしてしまったので

 

 

 

 

 

お詫びの意味も込めてその永遠に好きな人を

振り向かせる事ができない現状から

一刻も早く女性を振り向かせられる方法を解説しましょう。

 

 

 

 

 

では、その前に一つ質問です(^^)

なぜ元カノは

あなたを異性として見てくれないのでしょうか?

 

 

 

 

 

この質問の答えが

あなたが現状から抜け出すのに大きな鍵を握るのですが

それは、、、

『彼氏としてのイメージが出来ていない』です。

 

 

 

 

 

分かりますか?

要するに、

女性は付き合っている所などを想像しながら、

彼氏としてのイメージを膨らませていくのですが、

 

 

 

 

 

そういった状況を作れていない為に、

あなたを恋愛対象として見てくれていない

という事になります。

 

 

 

 

 

これはたとえ一度付き合った相手で、

相手はあなたの何かが嫌で別れた、

ということになりますから、

 

 

 

 

当然、あなたが、元カノが別れた理由を

改善できていないともう一度恋愛関係には

なれないので、

 

 

 

 

 

元カノにとっても、いくらあなたと別れてから、

仲良く友達関係を築けていたとしても、

やっぱり恋愛関係になると過去のことを思い出し、

 

 

 

 

 

あなたと未来において

付き合ったらどうなるだろうか、

やっぱりまた同じことを繰り返し

てすぐ別れるんじゃないだろうか、

 

 

 

 

 

それなら、今のまま友達でいた方が良いかも、と

復縁OKをためらっている場合があります。

 

 

 

 

 

まだ、あなたが本当に変わったのか、と

少なからず疑問があり、確信を持てない状況で、

これから先の未来において、

あなたと付き合うことにメリットがない、と

考えているからです。

 

 

 

 

 

 

そういった状況を想定した上で、

元カノにあなたのことを恋愛対象として

イメージを膨らませるには

あなたはどうしなければいけないのか。

ズバリ、、、

 

 

 

【疑似恋愛】

 

 

 

する事です。

 

 

 

 

 

厳密に言うと

『友達の段階で出来る恋人関係は、どんどん取り入れる』

これです。

 

 

 

 

 

いくつか実践で使える方法を挙げますが

例えば

・誰もが使用する事の無い2人だけのあだ名で呼び合う。

・友人カップルと一緒にデートへ行きダブルデートの様な雰囲気を作り出す

・少し踏み込んだボディタッチを女性との接触の中に含む

この様なアクションを起こしていく事が非常に効果的です。

 

 

 

 

 

こういった事を繰り返していくうちに、

彼氏としてのイメージが膨らみ

また、付き合っているような錯覚に落ちていき

異性として強く意識する事になりますから。

 

 

 

 

 

その結果、現状の良い人止まりだとか

友達以上恋人未満的な関係を

脱出することにつながります。

 

 

 

 

 

ただ、これは友達関係からなかなか進展しないケースで

現状を打開するのに非常に有効な方法ですが、

 

 

 

 

 

何より忘れてはならないことは、

あなたが元カノに別れられた理由、

元カノがあなたのことを嫌になった理由を

あなたが改善できていることが前提になります。

 

 

 

 

 

それができていなければ、

あなたがいくら疑似恋愛として

付き合ってるような関係に持ち込んだとしても、

元カノはあなたの元に戻っては来ません。

なので、別れた理由原因は必ず改善しておいてください。

では、今回のお話は以上になります。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

復縁するためのスタートからゴールまでの手段、

復縁ノウハウ、全て包み隠さず、お伝えします。

あなたを復縁に導く方法はここにあります。

その想いこれで遂げてみませんか?

復縁サポートをご利用ください。断然復縁できる可能性が高くなります。正しい復縁のすすめ方を知れば知るほど最短で復縁できるようになります。

⇒公式ページはこちらです

 

 

 

 

 

こちらはメールで相談したい方におススメです。

内容によりますが、1回の相談で解決できるかもしれません。

こちらも無料で相談できますからぜひご利用ください。

⇒無料相談を受けたい方はこちら

 

 

 

 

 

何をどうしたって忘れるなんてできない、

そんなに思ってるんなら私に連絡ください。

一緒に復縁を目指しましょう。

私で良ければご連絡ください。

⇒ジェイへ相談したい方はこちら

 

 

 

 

 

 新しい恋だけが前向きだとは思いません。

望む相手とお付き合いが出来ることが、一番の幸せだと思います。

あなたが望む人と復縁し、

幸せな未来を手にする日が一日も早く訪れることを願ってます。

 

言葉から読み取れない女の本音?復縁前の元カノの心理

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの関連記事

コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

トラックバックURL

アメブロの更新情報

7ステップ復縁術

復縁できる人とできない人の違いはなんでしょうか?
私自身が実際に復縁した経験を生かし、恋に悩める多くに男性の力になることが目的です。お問い合わせや質問など遠慮なく連絡ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
結婚