2015-01-25

 

 

 

ジェイです。

別れた元カノとやり直すための段階はいろいろありますよね。

 

20140728011-580x419

 

 

 

 

 

 

 

  • ・別れた直後の人、
  • ・冷却期間中の人(冷却期間に入ってすぐ人や数ヵ月連絡をとってない人)、
  • ・メールでのやり取りをスタートしたばかりの人、
  • ・電話で話せる人、
  • ・会える人(会ってすぐの状況や何回も会っている状況、2人だけで会える状況など)、

 

 

 

 

 

 

 

と、段階を踏んで徐々に復縁に向けて行動し、

2人の親密度を増していかなければいけません。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、よく私のところへ寄せられる相談では、

「冷却期間を開けて、元カノにメールをしている状況から

進展するにはどうすれば良いですか?」

と、メールでやり取りしている状況から前に進めないで

悩んでいる人が多いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、復縁するためには会わなければ無理です。

会うためには、最初からいきなり会おうとしても会ってくれません。

なので、まずはメール、そしてメールから電話、

そして会う約束を取り付ける、

というのが一番自然な流れでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

なので、冷却期間後のメールでのやり取りから

いかに早く次の電話で話せる状況にもっていけるか

がポイントになります。

 

 

 

 

 

 

 

ただし、いくら早くと言っても焦りは禁物です。

焦らず1歩ずつ進んでいかなければ失敗します。

 

 

 

 

 

 

 

一つ一つ段階を踏んでいくにつれて、

あなたと相手のお互いの間で関係性が

深まっていることを実感できるので、

復縁に向けてどんどん進展していくようになります。

 

 

 

 

 

 

 

今回はこの復縁に向けての行動で

元カノとメールから電話に自然に

切り替える方法についてお話します。

 

 

 

 

 

 

 

 

冷却期間の考え方

 

基本的なことですが、まず初めに冷却期間を

ある程度長めにとった方が良いことを念頭に置きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、別れた理由や2人の経緯にもよって、

冷却期間を置かない方が良いケースもありますが、

冷却期間はあなたには必要?

ほとんどの場合、冷却期間は必要です。

 

 

 

 

 

 

 

その冷却期間も少しの期間だけではなくて、

ある程度余裕をもって取るようにした方が良いです。

焦って、そろそろ良いだろうと、

やり直そうと強要したりすれば、

復縁の難易度は上がってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に私がサポートしている人で、

元カノと連絡が取れない不安や焦りから連絡してしまい、

復縁を迫ったことで信用を取り戻すのに、

そこからさらに数ヵ月かかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

一度信用をなくすと、致命的になってしまいます。

なので、冷却期間後にメールができているからと言って、

寒暖に電話で話そうとしたり、会おうとするのはNGです。

では、元カノのメールの反応を考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 メールの返信をあまりしてくれない場合

 

 

返信率にもよりますが、ほとんど返事をしてこないなら、

脈なしです。完全無視されないうちに一度引きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 返信が来ても、事務的な言葉や単発な内容で終わる場合

 

距離を置いてあまり親しくならないようにしていると考えられます。

プライベートではメールもしたくないという気持ちでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

3 元カノからはメールが来ない、自分からしかメールを送っていない。

 

これも、脈なしです。

まだ返事が来るだけ良い方です。

なので、この場合も一旦引いたほうが良いでしょう。

元カノはあなたにメールする気がない、

という気持ちでいるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これらを解消するには、

1から順番にクリしていかなければいけません。

1~3のどれか一つでも当てはまれば、

あなたに対して、抵抗感があると言えます。

なので、また冷却期間を置いて、再スタートすることを考えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後に、元カノに対する未練は完全にない、

という気持ちを知ってもらうことがポイントです。

でなければ元カノはあなたの未練を警戒して

一歩も前に進むことはできないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう状況で、無理して電話で話そうとしても、

「電話で話したいVS電話で話たくない」

「ヨリを戻したいVS戻りたくない」

という対立が強くなるだけです。

 

 

 

 

 

 

 

まずは冷静に、電話をすべきタイミングを考えます。

そして、一度引いて時間を置いて、

段階を追ってクリアしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

電話の誘いをして良い場合

 

 

1 元カノがメールやLINEが苦手な場合

 

こういうタイプは文章を活字で表現するのが苦痛なんですね。

もしそうなら、軽いメールで「今から電話するね」とだけ言って

電話に切り替えたほうが相手は喜びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2 プライベートな内容をメールでしている場合

 

相手がプライベートな話題をしてくるなら、

あなたに対してかなり親近感持ってます。

仕事の愚痴やプライベートでの悩みなど

メールしてくるようであれば、

脈ありとまでいかないまでも

これから復縁できる可能性は十分あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

3 絵文字や喜怒哀楽の感情表現がある場合

 

この場合は、あなたとメールで

楽しく盛り上がろうとする気持ちがあります。

ここまでくれば、あなたに対して

間違いなく好感を抱いているでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

欲を言えば、元カノからもそういうメールが来て欲しいものです。

そうなら、かなり仲良くなっていると確信して良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4 元カノからもメールやLINEが来る場合

 

元カノから連絡が来るようなら、かなり仲が良いと言えます。

この頻度が高ければ高いほど、あなたに対する親密度も高いです。

こういう場合は、電話に誘っても間違いなくOKしてもらえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、元カノが電話が得意じゃない場合もあります。

その場合は、「短時間で少しだけ良い?」、

「明日の○○時に電話で話したいんだけど都合どう?」と

前置きして誘ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話しても良さそうな脈アリを確信した場合、

「色々とあるから、電話にしない?」などと言ってみれば、

たいてい受け入れてくれるはずです。

ただ、次に考えなければいけないのは、

電話を実際にするタイミングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話をしたい時は、

  • ・メールだとわかりにくい内
  • ・話が長くなりそうで電話の方が早い時
  • ・文章より言葉と声でしか伝わりにくい時

というポイントを押さえて、

 

 

 

 

 

 

 

「長くなりそうだし、

電話の方が早いから電話しても良い?」と

事前にこのような状況で誘ってみることで

OKしてもらえる確率が高いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、「電話にしない?」とメールした後で、

「あ、もしかして時間ない?」という、相手の都合を

考えている気持ちを示すことで、

相手も「ダメならダメで断っても良い」という楽な気持ちになれます。

そうなれば、OKしてもらえる確率がさら高くなります。

 

 

 

 

 

 

 

また、元カノが何か悩んでいて元気がない時や

困っている時も電話に誘う良いタイミングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日は長くなりましたのでここまでです。

次回は具体的な方法で、

元カノに電話をするタイミングを作るには?《前編》

をお話します。

 

 

 

 

 

 

 

 

>>実際、復縁なんてできないよとお思いの方はクリック<<

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの関連記事

アメブロの更新情報

7ステップ復縁術

復縁できる人とできない人の違いはなんでしょうか?
私自身が実際に復縁した経験を生かし、恋に悩める多くに男性の力になることが目的です。お問い合わせや質問など遠慮なく連絡ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
結婚