2018-09-18

どうしても忘れられない元カノと復縁したいと決意し、

冷却期間を開け、自分磨きをしたりと復縁活動を続けて

いても、本当に復縁できるのだろうか?

 

 

 

 

 

自分がしていることは、これで合っているのだろうか?

と、ネガティブな感情に覆われ、不安ばかりで苦しいと

思うことがあるかもしれませんよね。

 

 

 

 

 

今日は、復縁活動は楽しいものなのか、

苦しいものなのか、考え方についてお話しします。

 

 

 

 

 

ですが、交際中も相手を完全に信用できない限りは

不安は尽きないと思います。

完璧に相手を信用することは難しいからです。

まず、相手は自分ではありません。

 

 

 

 

 

自分の気持ちさえもよく分からないで、1日経てば

全く違う気持ちになっていることってないでしょうか?

それなのに、自分ではない他人の気持ちを

信用するというのは、とても難しいですよね。

 

 

 

 

 

相手はあなたではないわけですから、

相手に聞かなければわかりません。

 

 

 

 

 

それができない限り、相手の気持ちを

あなたが読んで考えるしかないんです。

そして、それが正解かどうかはあくまであなたが

考えて思うことですからわかりません。

 

 

 

 

 

また、元カノに聞いても実際はどう思っていたのか

なんて本心を明かす訳ないんです。

なので完全に掌握することはできないのです。

 

 

 

 

実際に嫌いになった相手のことは、

それまで大好きだったことも本当は嫌だったと言います。

ですが、好きになってみると逆に大嫌いだったことも

実は好きだったと言い分が変わります。

 

 

 

 

 

なので、考えるだけ無駄なんです。

もちろん、考えることは大切です。

ですが、ある程度以上考えたなら、それ以上考えても結論は出ません。

 

 

 

 

 

過去は変えられないとよく言いますが、そんなことないです。

過去は変えられるんです。後から考えてみて、

後の感情で過去の出来事を本当は~~だった、

実はこうだったなどその時の気持ち一つでいくらでも

変わるものなんですね。

 

 

 

 

 

確かに復縁活動は苦しい時があります。

ですが、どんなに仲良しで、絶対の信頼を寄せている

カップルでも全く不安がないということは無いでしょう。

 

 

 

 

 

ただ、どちらに重点を置くのか、というところで

幸せなカップルと不幸せなカップルに分かれるのだと思います。

不安なほうにばかり目を向けて、不安定な気持ちで過ごすのか。

幸せな方に目を向けて、落ち着いて過ごすのか。

 

 

 

 

 

もっと言えば、きっと、

幸せな要素も不安な要素も同じくらい存在していると思います。

 

 

 

 

 

ですが楽しくお付き合いができているときは、

幸せな要素に目が向いているでしょう。

 

 

 

 

 

復縁の道中は、どちらかというと不安な要素のほうが多いかも

しれません。

相手の愛情が見えないのですから、不安が募るでしょう。

 

 

 

 

 

ですがその中から、少しの幸せな要素を希望にしていくことで

前向きに進めていけるのだと思います。

ぜひあなたの復縁活動の参考にしてください。(^^)

 

 

 

 

 

 

おすすめの関連記事

コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

トラックバックURL

アメブロの更新情報

7ステップ復縁術

復縁できる人とできない人の違いはなんでしょうか?
私自身が実際に復縁した経験を生かし、恋に悩める多くに男性の力になることが目的です。お問い合わせや質問など遠慮なく連絡ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
結婚