2017-12-16

別れた彼女と復縁するために頑張ってる方へ

あなたは今、ポジティブな気持ちですか?

それとも、少しネガティブになっていますか?

 

 

 

 

 

ご相談者の多くが元カノと復縁できるのかどうか

不安に駆られ、どうしてもネガティブに考えてしまう、

と言います。

 

 

 

 

 

世の中には、ネガティブは決して

悪くないという意見もありますよね。

リスクをちゃんと考えているから、とか。

もともと人間はネガティブな生き物だ、とか。

 

 

 

 

 

はたまた、性格だからそういうのは治らない、とか。

ですが、実際にご相談を拝見していると、

全然そんなことはありません。

 

 

 

 

 

今日は元カノとの復縁活動でくじけそうになった時、

き気持ちをどう保つか復縁の捉え方をお話しします。

 

 

 

 

 

 

実際に、はじめはネガティブだった方が、

努力をしていくことで周囲に認められるようになり、

彼女の反応が向上し、徐々にポジティブになっていく様子を、

何度も目にしています。

 

 

 

 

 

本当に、人は変わることができるんだな~ということを

実感するケースは何度も、何度も、目にしてきました。

ですから、理論は色々あるかもしれませんが、実体験として

ネガティブよりはポジティブに考えたほうが良いし、

人は変わることができる、と思っています。

 

 

 

 

 

まず、それを大前提として考えていただければと思います。

どんなに今ネガティブだったとしても、

これまでネガティブだったとしても、

 

 

 

あなたにも変わるチャンスはある

 

 

 

ということ。

大切なことは、

 

 

 

変わってもっと楽しい毎日にしたい、と 思うこと

 

 

 

です。

やはり、こうなりたいと思わなければ、

そうならないと思うからです。

 

 

 

 

 

さて、そうは言っても、

「今この瞬間のどうしようもない不安な気持ちと

へこんだ気持ちを、どうすれば?」

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

 

 

 

 

よく分かります。

理想は理想だけれども、自分の気持ちはそんなに簡単には

コントロールできない、と思われるでしょう。

 

 

 

 

 

例えば、彼女に新しい恋人ができてしまったり。

恋人とまでは行かずとも、どうやら他に好きな人がいるらしい

と分かってしまった瞬間だったり

 

 

 

 

 

これまで信用してきた友人に裏切られた瞬間だったり。

これまで信じてきたものがガラガラと音を立てて崩れていく。

そんな時に、どうやって前向きになれというのか、と

思うかもしれません。

 

 

 

 

 

そこで、そういうときには少しその事柄から離れましょう。

他のことに頭と時間を使いましょう。

というのも、心も体と同じように傷きます。

 

 

 

 

 

例えば人間関係で傷ついたのなら、心の中の

「人間関係部門」が怪我をしていると考えます。

恋愛で傷ついたのなら、心の中の「恋愛部門」が故障状態です。

 

 

 

 

 

故障をしている部分をさらに酷使してしまうと、

もっと傷が広がってしまいますよね。

体と同じです。

 

 

 

 

 

足を痛めているのに、足を酷使する方はいないですよね。

できればなるべく足を使わないように、治るまではケアを

していくと思うのです。

 

 

 

 

 

同じように、気持ちも痛めているのなら、

そこをなるべく使わないようにしたほうが

治りが早いです。

 

 

 

 

 

人間の体には放っておいても自然に患部を

治癒する能力、働きがあります。

個人差はありますが、時間をかけて直そうとします。

そして、専門医にかかり薬などでさらに早く治すことができます。

 

 

 

 

 

 

精神的ショックも同じです。

肉体と同じように直そうとする自然治癒能力があります。

それに任せて治癒するまで時間をかけて待つだけです。

 

 

 

 

 

心の中の傷ついた部門は少しそっとしておいて、

治癒期間を設けてあげましょう。

友人関係でゴタゴタして傷ついたら、しばらく離れて

仕事に専念してみるというのもいいでしょう。

 

 

 

 

 

会社の同僚などと話をしてみると、案外落ち着くかもしれません。

恋愛関係でゴタゴタして傷ついたら、しばらく離れて友人と

楽しい時間を過ごしてみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

損得抜きに自分のことを考えてくれる友人に、

心から癒やされて気付いたら気持ちが

落ち着いているかもしれません。

 

 

 

 

 

ご相談を拝見していると、よく、

上手く行かなくて凹んでいるのに焦って

どうにかしようとさらに動くケースをよく目にします。

 

 

 

 

 

ですが、傷ついてネガティブになっている状態で、

もう一度そこにチャレンジをしてみても、

怪我状態なのでフルパワーが出せません。

 

 

 

 

 

ここも体と同じですね。

痛めた足で速く走ろうとしても、全力では走れませんよね。

やはり治らないと全力は出せないと思うのです。

しかも無理をするので余計に悪化する・・・。

 

 

 

 

 

気持ちも同じで、恋愛部門が故障中なのに、

そこでまた焦ってどうにかしようとしても

全力が出せませんし、さらに状況を悪化させてしまいます。

 

 

 

 

 

結果、余計に上手く行かなくて余計に傷つく、という

悪循環になってしまいます。

ですから、自分の中で、ちょっと今どう頑張ってみても

前向きになれそうにないな・・・と感じたら。

その事柄から、少し離れてみましょう。

 

 

 

 

 

例えば、彼女と同じ職場で、離れたくても関わることが

多いというケースもあると思います。

そういうときには、必要以上に関わらない、

必要以上に話さない、必要以上に話題にしない、

ということを徹底してみましょう。

 

 

 

 

 

仕事で必要なやり取りがあるなら、それだけに終始してみます。

頭の中からシャットアウトできれば一番ですが、

好きな相手を頭から追い出すのは難しいと思います。

 

 

 

 

 

頭の中にいるのは仕方ないので、物理的な関わりを

極力少なくしてみると良いでしょう。

そうやって、とにかく離れてみます。

 

 

 

 

 

あなたの心が少し癒えて、フルパワーで活動できるように。

どう頑張っても無理なときは無理。と割り切って距離を置いて

みることで、また復活できることも多いです。

 

 

 

 

 

前向きになったなら、もともと魅力のあるあなたなのです。

相手にとってもキラキラした存在として見えるようになる

と思います。

ぜひ頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

気持ちのコントロールが難しい場合は、次の2つのポイントを

知っておくと前向きになれると思います。

一つは、復縁できそうだなと思える材料を見つけられること。

もう一つは、復縁できそうだなと思える方法を知ること。

その二つをこちらでお伝えしています。

⇒復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

 

 

 

 

 

絶望的な状況でどうすれば良いかわからないですよね。

そんな時は・・・

復縁サポートをご利用ください。断然復縁できる可能性が高くなります。正しい復縁のすすめ方を知れば知るほど最短で復縁できるようになります。

⇒公式ページはこちらです

 

 

 

 

 

 

こちらはメールで相談したい方におススメです。

内容によりますが、1回の相談で解決できるかもしれません。

こちらも無料で相談できますからぜひご利用ください。

⇒無料相談を受けたい方はこちら

 

 

 

 

 

 

何をどうしたって忘れるなんてできない、

そんなに思ってるんなら私に連絡ください。

一緒に復縁を目指しましょう。

私で良ければご連絡ください。

⇒ジェイへ相談したい方はこちら

 

 

 

 

 

 

新しい恋だけが前向きだとは思いません。

望む相手とお付き合いが出来ることが、一番の幸せだと思います。

あなたが望む人と復縁し、

幸せな未来を手にする日が一日も早く訪れることを願ってます。

 

言葉から読み取れない女の本音?復縁前の元カノの心理

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの関連記事

コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

トラックバックURL

アメブロの更新情報

7ステップ復縁術

復縁できる人とできない人の違いはなんでしょうか?
私自身が実際に復縁した経験を生かし、恋に悩める多くに男性の力になることが目的です。お問い合わせや質問など遠慮なく連絡ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
結婚