2017-07-04

今日は、元カノから返信が来る究極のLINEテクニックを

お話しします。

 

 

 

 

さて、これまで元カノと復縁するためには

元カノの感情を刺激しコミュニケーションをとる

ことが大切とお話ししてきました。

 

 

 

 

 

そして、まず、女性の感情を支配する

コミュニケーション術の一つとして、

重要なのものは、

「からかう」ことです。

 

 

 

 

 

こちらはあくまでも女性の感情を揺さぶる手段の

1つとして捉えておいてくださいね。

 

 

 

 

 

そして、さらに女性の感情を支配する

コミュニケーション術の要として、

「理解」や「共感」といった、コミュニケーションの本質に

ついても「人間理解」のアプローチから話しました。

 

 

 

 

 

共感することとからかうことは 一見、

矛盾するに感じるかもしれません。

が、実際には全くそんなことはありません。

 

 

 

 

 

なぜなら、2時間ずっとからかい続ける人間はいないし、

逆に共感ばかりし続ける人間もいないからです。

 

 

 

 

そして、【究極のLINE術】についてですが、

ごめんなさい、実は、そんなものありません。

「絶対に返信が来るLINEテクニック」

なんてものは世の中に存在しないんです。

 

 

 

 

 

世の中には自分の儲けのためだけに

活動するエセ恋愛講師がたくさんいます。

彼らが販売している情報商材の中でも特に多いのが、

この「メール・LINE術」です。

 

 

 

 

 

今ではメールよりもLINEのほうが

コミュニケーションツールの主流です。

 

 

 

 

 

しかし、ひどいものになると、全く同じ内容でも、

「絶対に返信が来るメールテクニック」を、

「絶対に返信が来るLINEテクニック」

と名前だけ変えて、

 

 

 

 

全く別の違う商材として売り出す輩までいるくらいなのです。

彼らがなんでこういうことを平気でできるのか分かりますか?

それは”買う人がいるから”なんですね。

 

 

 

 

 

それで、今回のメールのタイトルを

「究極のLINE術」としたのには

ちゃんとワケがあります。

 

 

 

 

 

きっと、あなたはこのタイトルを見て、

「おやっ」と思い、半信半疑ながらも、

ついつい開封してしまったのだと思います。

 

 

 

 

 

そういうあなたの心理を巧みに操って、

彼らは生計を立てているのです。

だから、これを読んでいる

あなただけには騙されて欲しくない。

 

 

 

 

 

そう思って、わざわざウソのタイトルまでつけました。

ごめんなさい(^^;)

 

 

 

 

 

情報商材に限らず、世の中に出回る

「メールテクニック」には

ほとんど価値がありません。

 

 

 

 

 

本質的なことには一切触れず、

表面的なことしか書かれていないからです。

そういう表面的な情報に流されないよう

「返信が来るLINE術」なんてものは

ないということを、

しっかりと覚えておいてください。

 

 

 

 

 

でも、 【返信率を上げる方法】はあります。

「絶対に返信が来るLINE術なんて世の中に存在しない」

そう聞いて少しガッカリ気味のあなたに

今日はその【返信率をあげる方法】をお伝えしますね。

 

 

 

 

 

マメな男はモテる?

 

あなたも一度くらいは聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

・毎日欠かさずメールをしたり

・女の子の誕生日は必ず覚えていたり

・彼女との記念日を忘れることがなく

・週に一回は2時間以上電話したり

・LINEにはいつも速攻で返信したり

・何かされたら必ず感想を述べたり

・髪型や服装の変化にすぐに気がついたり

・好きな食べ物を覚えていたり

・デートコースはいつも下調べをして

・何かあれば迎えに行ったり

・・・こういう男がモテると。

 

 

 

 

 

たとえ聞いたことがなかったとしても

気になる子には知らず知らずのうちに

このような行動をとっているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

では、これらの行動をとれば元カノから

好感を得られるようになるのか?

もちろん、答えは『NO』です。

 

 

 

 

 

いや、これらの行動をとること自体は

決して悪いことではありません。

やり方を間違えなければ

むしろ好印象を与えることができます。

 

 

 

 

 

ただ、やり方を間違うとマメな男ではなく、

「まめまめしい男」のレッテルを貼られることになります。

例えば、まめにLINEをして誘ってみたところで

4~5回に1回

『都合が合えば行こう』

くらいの返事で終わりでしょう。

 

 

 

 

『都合が合えば行こう』

文面だけ捉えればOKの返事ですが、

これって実はやんわりと断っているんですね。

本当にOKなら『都合が合えば』なんてつけません。

 

 

 

 

 

『都合が合えば行く』ということは

『都合が合わなかったら行かない』と

いうことですよね。

つまり、後で断りやすくするための常套句なのです。

 

 

 

 

 

男『この日はどう?』

女『その日は都合が悪いから無理』

男『じゃあこの日は?』

女『その日も忙しいな』

 

 

 

 

 

ここで気づけばいいですが、気づかずに

『じゃあいつなら空いてるの?』

なんて送った日には、

『気づけよ、空気読めないな』と

思われてたいてい無視されます。

 

 

 

 

 

そして、彼女からメールが送られてくることは

二度とないでしょう。

「まめまめしい男」のレッテルを

貼られてしまってます。

 

 

 

 

 

今日は長くなってしまいました。

ごめんなさい、ではどうすれば良いか?については

次回必ずお話ししますので待っててください。(^^)

 

 

 

 

 

復縁するためのスタートからゴールまでの手段、

復縁ノウハウ、全て包み隠さず、お伝えします。

あなたを復縁に導く方法はここにあります。

その想いこれで遂げてみませんか?

復縁サポートをご利用ください。断然復縁できる可能性が高くなります。正しい復縁のすすめ方を知れば知るほど最短で復縁できるようになります。

⇒公式ページはこちらです

 

 

 

 

 

こちらはメールで相談したい方におススメです。

内容によりますが、1回の相談で解決できるかもしれません。

こちらも無料で相談できますからぜひご利用ください。

⇒無料相談を受けたい方はこちら

 

 

 

 

 

何をどうしたって忘れるなんてできない、

そんなに思ってるんなら私に連絡ください。

一緒に復縁を目指しましょう。

私で良ければご連絡ください。

⇒ジェイへ相談したい方はこちら

 

 

 

 

 

新しい恋だけが前向きだとは思いません。

望む相手とお付き合いが出来ることが、一番の幸せだと思います。

あなたが望む人と復縁し、

幸せな未来を手にする日が一日も早く訪れることを願ってます。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの関連記事

コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

トラックバックURL

アメブロの更新情報

7ステップ復縁術

復縁できる人とできない人の違いはなんでしょうか?
私自身が実際に復縁した経験を生かし、恋に悩める多くに男性の力になることが目的です。お問い合わせや質問など遠慮なく連絡ください。
結婚